採用してから勤務の流れ|タクシーの運転手に転職しよう!「将来の可能性を試す」|taxi.com

通常の採用とタクシー運転手の採用

通常の採用の流れ

求人情報に応募をして面接の日程を決めていきます。面接当日は履歴書を渡した後に担当者と面接をした後、後日採用連絡がきます。その後は入社説明を聞いてから会社で行っている業務の説明をしながら、業務を開始していきます。

タクシー運転手の採用の流れ

タクシーの会社によっても多少異なりますが、面接をする日に健康診断を受けなければならないことがあります。健康診断はこれからタクシーを運転するために必要なことです。また採用された後、二種免許を持っていない時は二種免許を取ることから始めます。

社外での研修を受ける

タクシー業界へ転職したからといって、すぐにタクシーへ乗車して仕事を始めることはできません。まずは地理試験を受けるための社外研修を受ける必要があります。講習は必ず受けなければならず、それが完了したら新人研修へと移ります。

採用してから勤務の流れ

ミニカー

ベテランドライバーが教えてくれる

タクシードライバーへはじめて転職する人はタクシーを運転すること自体が初めてでしょう。先輩ドライバーが助手席に乗って丁寧に教えてくれるので、運転の仕方や地形を覚えることができるはずです。分からないことはその時に質問をして解決するようにしてください。

研修を終えたらドライバーデビュー

無事に研修を全て完了することができれば、タクシードライバーとしてデビューをすることができます。最初はお客さんを乗せるだけでも大変なので稼ぐことは難しいですが、最低賃金も保証されていることが多いです。これなら最初は稼ぎだけを考えずに働くことができるでしょう。

広告募集中