特徴とタクシーごとの違い|タクシーの運転手に転職しよう!「将来の可能性を試す」|taxi.com

特徴とタクシーごとの違い

運転手

リスクもあることを頭に入れておこう

タクシー会社で働くことは特に問題ありませんが、他の職業に比べて運転する時間がかなり増えます。そのためタクシードライバーは時に自動車事故に巻き込まれてしまう恐れがあります。必ず安全運転を心がけるようにしましょう。

自由な時間が増える

タクシー会社では毎月働く日数が13日と決まっているため、その13日以外は自由に過ごすことができます。13日出勤といっても出勤時間はとても長いので一ヶ月分の仕事をしているといえるでしょう。働くスタイルは朝勤、昼勤、夜勤など決めることができます。

タクシー業界は就職しやすい

特に学歴を重視しないことからタクシーへの転職は難しくないといわれています。難しいのはタクシー運転手で高収入を維持していくことです。努力次第で給料が変動するので、稼げない月は給料も少なくなります。タクシー運転手のライバルも多いので高収入を得るためには頭を回転させる必要があるでしょう。

法人タクシーと個人タクシーの比較

法人タクシー

この場合は二種免許を取得していれば誰でも法人タクシーとして働くことができます。また法人タクシーはいくら稼いだとしても歩合性により売上の60%ほどをもらうことができます。そのかわり車代やガソリン代は会社が負担をしてくれます。

個人タクシー

法人タクシーに比べて個人タクシーはタクシー運転手として10年以上勤務しなければなりません。そのため誰でも個人タクシーとして事業者になるのは不可能であるといえます。またガソリン代や車代などの自己負担はありますが、完全100%の歩合性となっています。

広告募集中